復帰には時間を要する|うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

サイトメニュー

復帰には時間を要する

病院

確かな診断が必要

業種を問わず、多くの企業でストレスチェック制度が義務付けられています。この制度が導入された事により多くの人がうつ病の症状に対して自覚できる機会を得られる様になりました。そして職場だけでなく、家庭でも家族にうつ病の症状が見られたら、できるだけ早く専門医による治療を受ける事を勧めてあげる事が必要です。しかし治療を受ける事に本人が納得できない場合や拒否する場合があります。その様な場合でも諦めずに家族だけでも相談に応じてくれる医療機関や各種相談窓口を利用する事が必要です。そして治療後の社会復帰までのプロセスについては、あらかじめ周到な準備が必要となります。回復期を経て少しずつ自信を取戻しつつも、急激な環境の変化はリスクを伴います。薬物治療での抗うつ薬による影響が完全になくなるまでには、時間がかかるからです。職場復帰を目指して無理をしない程度に心身を鍛えていく事が先決です。最初は生活のリズムを整える事からはじめるのが無難です。朝は同じ時間に起きて日中はショッピングや散歩を楽しみます。時間をかけてじっくりと以前のライフスタイルに近づけていく事で感覚を取戻していきます。そして職場復帰への準備が整ったと感じたら医師と相談の上で実際に実行します。うつ病は数種類に分類され、治療方法もそれぞれに異なります。特に多いのが大うつ病性障害です。憂うつな気分がいつまでも続き、頭痛や倦怠感等の身体的な症状も伴います。そして双極性障害になると、うつ状態だけでなく躁状態もみられる様になります。数ヶ月から数年の間隔でくり返すので、診断が難しい症状でもあります。その他にも非定型うつ病や仮面うつ病等がありますが、いずれも症状に応じた抗うつ薬を使い分けながら治療していきます。中にはうつ病だけでなく、統合失調症やパニック障害等の他の精神疾患も同時に患っているケースも少なくないです。そして甲状腺機能低下症や認知症、アルコール依存症でもうつ状態になる場合があります。大きな大学病院や精神科単科病院ならこれ等の可能性についても検査する事ができます。治療には薬物療法が中心になりますが、症状によっては精神療法も取り入れていきます。中でも認知行動療法を受ける事で考え方や物事の見方についてより客観的な判断ができる様になるので、再発予防の効果も期待できます。