1回あたりの処方料金|うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

サイトメニュー

1回あたりの処方料金

ハート

抗うつ剤の主な目的

自宅での睡眠と休養は、うつ病を治すために不可欠ですが、病院での投薬治療もそれと並んで大切な治療方法です。心療内科や精神科で薬を処方する場合、1回あたりの料金は千円から5千円程度になっています。値段は何を処方するかによって左右されますが、新しい薬ほど価格も高くなるのが相場です。そのため新薬を中心に処方されますと、毎回の薬代は総じて高くなります。通院回数が少なければ黙認できる金額でも、治療が長引けば、次第に無視できなくなる場合もあるかもしれません。もしもその時は、ジェネリック品への変更を、医師に申し出るのがおすすめです。これは特許が切れた先発製品を、別のメーカーが同じ有効成分で製造販売する後発製品となります。先発製品と同じ効き目でありながら値段は安いため、処方料金を節約できると、うつ病治療でも好評です。一方、抗うつ剤には数種類の系統があり、なかでも四環系は深い眠りへと誘う作用に優れています。その効能から、うつ病で不眠を併発している方々に定評があり、夜お休み前に飲めば良く眠れると評判です。セロトニンは心の病気に切っても切れない関係にありますが、うつ病もこの物質が脳内で不足するのが要因だとされています。そのことから、うつ病の治療で用いる抗うつ剤は、大半がセロトニンの量を高める働きを持っており、事実改善効果を上げています。抗うつ剤は、三環系という古い薬から、SNRIなどの比較的新しいタイプまで、基本的にセロトニンなどの再取り込みを阻害するが目的です。再取り込みとは当該物質が体内で吸収されたり、分解されたりする現象を指し、それらが起きれば保有量が減るため問題視されています。そこで、セロトニンが減るのを防ぐため、再取り込みを妨害するために考案された薬が抗うつ剤です。また、新薬であるNaSSAも同種の働きを持っていますが、この抗うつ剤は従来の物とは薬効プロセスが異なります。NaSSAは再取り込みの妨害ではなく、セロトニンおよびノルアドレナリンの分泌量をダイレクトに高めるのです。すなわち、ほかの抗うつ剤では効果がなかった場合でも、治療効果を望めるようになっています。