脳に作用する|うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

サイトメニュー

脳に作用する

ハート

患者により違う

うつ病になると仕事に行きたくない、何をしていても辛い気持ちが継続するといった精神症状と、頭痛が起こるなどの身体症状が起こります。これらの症状が起こる原因として脳内の神経伝達物質の分泌量の減少が挙げられます。神経伝達物質は感情のコントロールなどに影響を与えていることから、正常な分泌量に戻すことが症状の改善に必要となります。そのためにうつ病では薬を使用して脳内の神経伝達物質の分泌量の改善を行います。神経伝達物質は脳内で生成されたあと放出され、細胞に取り込まれるというサイクルを繰り返しています。うつ病では生成される量に異常が発生していることから、薬を服用することにより、分泌量の正常化を促します。また、神経伝達物質が細胞に取り込まれることを再取り込みと呼びますが、この再取り込みを阻害することもうつ病の薬の持つ効果で、細胞に取り込まれないことで、分泌量が少なくても神経伝達物質の濃度を一定に保つことができます。それにより、症状の改善を期待することができます。うつ病の薬を使用すると時間をかけて効果が現れます。そのため、治療期間は長くなります。うつ病の薬は開発、研究が進められていて、新しいものであれば副作用も少ないことが特徴です。しかしながら、新しいものであれば必ず効果を発揮するかというとそうではなく、人によっては昔から使われているタイプのもののほうが効果を出すこともあります。つまり、患者によって効き目は異なるということです。そのため、服用を開始してからしばらくの間の様子の変化に注意が必要です。効果が現れればそのままの薬を継続して使用します。しかしながら、一定期間経過しても効果がない場合には服用する量を増やすことや、別の種類の薬に変更することになります。最新のタイプのものは副作用が少ないことが特徴ですが、費用も高くなるということが挙げられます。一方で昔から使用されているものは強い効果があるので副作用も強く出る可能性があります。しかしながら、治療費を安く抑えることが可能です。患者の置かれた環境などを考慮して決めることがポイントです。