うつの症状と治療|うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

サイトメニュー

うつの症状と治療

医薬品

治療の方法と注意点

ストレス社会と言われている現代、うつ病に悩む人々が増えてきています。過度なストレスは脳の自律神経の乱れを引き起こし、肉体的、精神的にも様々なつらい症状をもたらします。よくある症状としては、倦怠感、絶望感、だるさ、憂鬱感、寝られない、起きられないなどの睡眠障害、幸福感の減少などが挙げられます。日ごろからセルフチェックなどを行っておき、上記のような症状に気付いたときには早めに病院を受診するようにしましょう。うつ病を完治するためのポイントは、早めに治療を開始することだからです。症状が重くなると、治りも悪くなり場合によっては社会から離れ、入院をしなくてはならないこともあります。さて、うつ病の治療のためには、総合病院の精神科や心療内科へ行く必要があります。口コミなどを参考にしながら、信頼できる医師やクリニックを探しましょう。治療は、抗うつ剤と呼ばれる薬の服用と、医師とのカウンセリングが中心になります。薬の服用によって症状を緩和させていき、カウンセリングによってうつの原因を探り、心のケアを行っていきます。うつ病の治療にて処方される抗うつ剤には様々な種類があります。やる気を出させるタイプのもの、精神を落ち着かせるタイプのものなど、症状によって処方されるタイプは異なります。また、抗うつ剤は飲んだらすぐに症状が緩和する薬、というものではありません。一定期間決められた時間に飲み続けることで、少しずつ緩和の兆候が現れます。そのため、症状が良くならないからといって途中で止めたりせず、まずは根気強く服用を続けることが必要です。なかなか良くなっていかない場合は、効果の強いものにするなどの対応をしてもらいましょう。また、薬の副作用にも注意が必要です。副作用によって、眠気や食欲増進などが起こることがあります。軽い場合には、しばらく様子を見ていると緩和していくことも多いので、なるべく気にせずにいることが重要です。我慢できないほど重度の副作用が現れる場合には、医師に相談して効果の弱いものに変更してもらう、などの対応も良いでしょう。抗うつ剤と上手に付き合うことで、うつ病の治療をスムーズに進めることが出来ます。