うつ病の症状と薬について【抗うつ剤と睡眠薬を併用する】

サイトメニュー

不安を伝えてみよう

服用する女性

希望は意外と通る

うつ病と診断されて、もし薬を飲むことに抵抗がある場合、医師に相談すれば薬以外の治療を選択できる場合があります。うつ病の治療の際、処方される薬は大きく分けて二種類あります。ひとつは睡眠導入剤で、不眠の症状がある人に処方されるものです。ふたつ目は抗うつ剤です。こちらは気分の落ち込みなど精神的な症状が強く出ている人に処方されます。もし軽度のうつ状態であれば、生活習慣や食生活を変えるような治療を選べる可能性があります。まずは医師に自分の希望を伝えてみるといいでしょう。また、抗うつ剤は投薬を始めてから効果が出るまでに時間がかかりますので、長期的に飲むことが前提となります。自分の意志で勝手にやめると再発の恐れがあるので、医師の指示にしたがって服用しなければなりません。依存性があるのではと心配な方はそれも医師に伝えましょう。薬にはたくさん種類がありそれぞれ特性や副作用などが異なるので、こちらの希望を医師に伝えれば見合ったものを出してくれる場合が多いです。うつ病はカウンセリングや心理療法である程度改善する場合もありますが、なかなか改善が見られない場合は薬を処方されます。特に不眠や食欲不振などの身体的な症状の場合は、気のもちようで治せるものではありません。今出ているつらい症状を緩和する目的で薬が出されるのです。例えば入眠障害が強く出ている場合はまず睡眠導入剤が処方され、それでも寝付けないときは気分のたかぶりを抑える効果のある抗うつ剤が処方されたりします。これらは医師が症状の経過を見て判断するため、効果が見られなければ途中でやめて違う薬に変えたり、少し効果が出たら増量になったりと、長期的に試す必要があります。うつ病には様々な症状があらわれ、人によってそれぞれ異なりますので、自分に合った薬を見つけていくのが治療への第一歩となります。ものによっては血中の薬の濃度がある程度保たれていないと症状が重くなって再発する場合があるので、おさまったからといって自分の意志でやめたりすると危険です。必ず医師の指示に従って症状と向き合っていくことです。